大きく変わったWebの状況

スマートフォンやタブレットの普及によるパソコン利用者の減少なんていうのは、『Web上の浦島太郎』の私でもよく分かっていました。でも、それに伴うWebの変化がこれほど大きなものだとは思ってもいませんでした。

SNSとWebサイトが連携しあっている今の状況は『どうせ一時的なものだろう』位にしか考えていませんでしたし、なにしろSNSを使った事がほとんどなかったので、その仕組みや利用方法さえも知りませんでした。

さらにGoogleのhttps化サイト優遇の件等は、今回このサイトをやり始めてから知ったという有様でして、httpで運用しているパソコン初心者のガイドをgoogle chrome でブラウズすると、アドレスバーの左隣に『保護されていません』と表示されているのを見てびっくりしました。

という事で、竜宮城から帰ってきた『Web上の浦島太郎』が感じた事をまとめます。

レスポンシブルデザイン

パソコン初心者の為のガイドを修正したりする時、いまだに1024 x 768 でプレビューしていた私にとって、レスポンシブルデザインを取り入れているsimplecity のだだっ広いPC用画面と、1024 x 768 にするとサイドバーが消えてしまう(苦笑)仕様に慣れるのが大変でした。

まあ、PCのディスプレイが 4:3 から 16:9 等のワイド画面に移行しだしてからもう10年以上たっているのですから、いかに私が『Web上の浦島太郎』化していたのかがよく分かりました。なお今日現在、パソコン初心者の為のガイドを見ると、画面が異様に狭く感じるという真逆の現象に悩まされています。(-_-;)

同一のコンテンツを、パソコン、スマートフォン、タブレットでそれぞれ快適なブラウズをする為には、レスポンシブルデザインは必要不可欠だという事は分かってきました。しかし例えばカラムのサイズ変更等、以前ならCSSをいじれば簡単に出来た事も、レスポンシブルデザインの場合は各端末での表示やブレイクポイント等を考慮しなければなりませんし、下手をするとデザインが崩れてしまいますので、素人に出来るカスタマイズはごく限られてしまいます。結果として、似たようなデザインのサイトが、これからどんどん増えていくのではないでしょうか?

SNSとの連携

米国在住の母とのやり取りに、マイクロソフトに買収される前のSkypeを利用していましたが、無料で国際通話が出来るから使っていただけでしてSNSとしての利用ではありません。ですから、SNSに関してはほとんど知識がありませんでした。

simplecityのカスタマイズにはSNSという項目があり、SNSアカウントを取得さえすれば、後は指示通りにアカウント情報が分かるURLの一部分を入力するだけで、各SNSと連携出来るようになっています。

SNSと連携はしたけれど、いったいどうやって使えばいいのかも分からなかったのですが、『Twitter』と『はてブ』に関しては、その仕組みがなんとなく分かってきました。これを有効活用出来るまでにはまだまだ時間がかかると思いますが、結構楽しみながら試行錯誤をしています。

それから、他サイトとの連携という事で『ブログカード』というものを記事に挿入する事が出来るのですが、これはとても便利な機能ですね。

Simplicityでブログカードを使う方法の紹介です。ブログカード利用には、利点と難点がありますので、それらを踏まえてご使用ください。
こちらでわざわざ抜粋記事を書かずに済みますし、何より私のへたくそな文章を読むより、実際に投稿された方の記事を読んでもらった方がいいに決まってますから。

Googleのhttps化サイト優遇

当サイトの制作は昨年末から行っていたのですが、ようやくサイトをオープンしようかという時にこの件を知りました。初めに借りたサーバーはsslに対応していなかったので、慌てて今のサーバー(mixhost)を借り、改めて作業をやり直しました。

数年前からパソコン初心者の為のガイドの質問者数が減り、これはPC利用者数の減少で致し方のない事と半ばあきらめておりましたが、トラブルが結構あったはずのWindows10の無料アップグレード期間中に、あまりにも投稿が少ないのには、ちょっとおかしいなとも思っていました。今から考えると、https化されていない事で検索に引っかかりにくくなった事や、モバイル対応をしていなかった等、私の勉強不足が原因だったんじゃないかと反省しています。

スポンサーリンク